パブリッシング@TPAC 2017

By Florian Rivoal

@frivoal

Slides at florian.rivoal.net/talks/pub-tpac-2017/

TPAC

  • W3Cの年次総会
  • 2017/11/6~10
  • 参加者:600人以上
  • 内容:
    • 技術的な会議:役40件(CSS-WG、Web Platform WG、i18n-WG、Service Workers WG、Publishing WG…)
    • 諮問委員総会
    • W3C Executive Forum 2017
    • W3C Publishing Summit
ロビーで人の集まり

Publishing Summit

publishing@W3C
publishing@W3C

発表社一覧

  • W3C
  • Adobe
  • O'Reilly Media
  • 楽天 Kobo
  • Media Do
  • Italian Publishers Associations
  • EDRLab
  • Wiley
  • VitalSource
  • DAISY
  • Mozilla
  • Google
  • Microsoft
  • Bluefire
  • Macmillan Learning
  • Hachette Book Group
  • Vivliostyle
  • New York Public Library
  • Editis
  • Diflabs
  • Collaborative Knowledge Foundation
  • University of Michigan Library
  • Gutenberg Technology
  • Atypon

発表一覧

  • Keynote: The Future of Content
  • Digital Publishing in Asia, Europe, and Latin America
  • Publishing@W3C Update
  • Accessibility in Publishing and W3C
  • Panel discussion: Browser/Web Developer Perspective on Publishing and the Open Web Platform
  • Web Standards and the Path to Frictionless Publishing
  • The Fantastic Journey of Reading Systems: eReader Past, Mobile/Browser Present, VR/AR Future
  • Educational Publishing Today: Print + Platform + Personalization
  • Reading and Beyond
  • Creating EPUB Content that Looks and Works Great Everywhere
  • How New CSS Is Changing Everything About Graphic Design on the Web
  • Print Quality Layout via CSS
  • Digital Projects at NYPL
  • France's Mass Digitization Project
  • Keynote: The Arc of Knowledge
  • Automating Publishing Workflows
  • Building Open Infrastructure for Scholarly Publishing on a Foundation of Web Standards
  • Digital Preservation as a Foundation of Open Content Creation
  • Publication Metadata: The Next Generation
  • Sense of Place: in the expanse of knowledge
  • Digital-first design: the evolution from a traditional Print-first to a Digital-first workflow
  • Scholarly Publishing: Evolving from Print-replica to Native Digital Content

ビジョン・ビジネスモデル更新

Tim O'Reilly
“Publishing is connecting people and knowledge” —Tim O'Reilly

摩擦をウェブ技術で削減

Slide by Jeff Jaffe on reducing friction on the web
—Jeff Jaffe, W3C CEO

ワークフローを大切に

ウェブで、ウェブを

難題

  • EpubCheckのメンテナンスはボランティアだけ
  • EPUB3がほぼ100%は日本のみ
    FXLは日本のみ
    EPUB2、PDF、 プロプライエタリ・システムが多い
  • ワークフロー・ビジネスモデル更新は幅広くて困難
    • 「本とは何」
    • 「本のUIは誰の責任」
    • 「どう言う風に売ればいい」
    • 「図書館は?」
    • 「ワークフローの速度とコストが変わると、作成するコンテンツも変わるべきか」
  • ブラウザと出版業界のコミュニケーション不足

ウェブの力、パブリッシングに適用

  • アクセシビリティ
  • メタデータ
  • 国際化
  • どこでも、どんな端末も
  • マルティメディア
  • 長期間コンパティビリティ
  • 高級デザイン機能(新)

Publishing WG

目的:EPUBの次世代の基礎になる Web Publications を作成

仕様書の推進状況

仕様書名内容状況
Web Publicationsウェブらしく複数のファイルをメータデータで結ぶ間も無くFPWD
Locators for Web PublicationsEPUB-CFIの次世代間も無くFPWD
Packaged Web PublicationsWPを一つのファイルに纏める未開始
EPUB4PWPのプロフィール未開始
DPUB-ARIA 2.0DPUB-ARIA 1.0の拡張未開始

WGの参加者

  • 元IDPFメンバーはほとんど無事に参加
  • ブラウザーは残念ながら無参加
  • 問題を意識して、
    W3Cスタフが調整しようとしている

その他

CSS-WG

  • 編集中仕様書:100件以上
  • 日本語組版に関する機能が多い:
    縦書き、ルビ、行取り等
  • 次世代Webデザインの基礎仕様書:
    Grid、Flexbox等で雑誌の様なデザインを可能に
    デモ

SVG-WG

    SVGロゴ
  • 技術として、SVGは成功している:全てのブラウザーで対応
  • ただし、標準化は参加者が足りないため、2016年の秋頃に止まってしまった
  • 今回のTPACの再起動

TT-WG (タイムド・テキスト)

  • TTMLは主に字幕用の技術
  • CSS-WGと合同会議し、TTMLのレイアウトシステムとCSSのレイアウトシステムのギャップを減らす
  • 日本で使えるように、日本語に必要な機能を優先に:縦書き、縦中横、ルビ、傍点、斜体
ルビーを使う字幕の例 傍点を使う字幕の例 斜体を使う字幕の例 縦書きを使う字幕の例

お終い


florian.rivoal.net/talks/pub-tpac-2017/

@frivoal